いろいろ

日本の国家予算内訳を議論し、チェックしたいが、自分に知識が必要だ

投稿日:2019年3月15日 更新日:




国家予算の内訳をチェックすべく、日本の国家予算の内部へ旅をしようと思う。

政治というものは、つまりは、お金をどう使うか。
だから国家予算の内訳には日本政府の活動そのものが体現されているのに、
いわゆる日本国民一般には、国家予算の内訳を議論する人は少ない。

日本の国家予算の内訳には、そもそも凄い魔法がかけられている。
総額200兆円という数字を聞いて、誰もが現実的に理解ができない。

あたかも夢幻、ほんわりとした童話とか、イメージで語りすぎる神話を聴いているかのよう。
まぁあなたもそのフワフワの一人なんだろう?

いいかな、ここではたった一つ、国家予算の内訳にみる防衛費について覚えていってくれ。 
防衛費なんて難しいと思ったなら、ちょっとプリンでも食べた気になってリラックスするといいさ。

日本の国家予算


日本の国家予算の総額は200兆円。
そのうち、防衛費は4兆円で、全体の2%の比率。

あなたに直結する農業補助費は5.5兆円だから、防衛費って、農業並みに予算が付いている計算ね。
ほら、この数字だけで、あなたの体内の血は逆流しそうだろう?

国防が大切なことは誰でも分かるけど、この金額の妥当性・必要性がまったく見えないから、
むしろ農業のほうが国民の目線に立ったら必要不可欠だって、それは誰もが思うことだよね。

明らかに改善できる余地があるよ、この国防費の多さは。
素人目には、こうした国家予算の内訳には理解ができないことばかり。

専門家から言わせれば根拠あっての内訳・金額だろうが、そこに国民からする納得感はない。
覚えて欲しいのは、こうした不透明な数字が踊るのが日本の国家予算ということ。

ミステリーの旅、日本の国家予算の内訳。
そこに潜んでいるのは、日本国民を救うための天使か、それとも暗躍する悪魔か。




Copyright© ノート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.